SPメニューボタン

東洋製罐グループのCSR経営
CSR Management of Toyo Seikan Group

  • HOME
  • CSR
  • 東洋製罐グループのCSR経営

東洋製罐グループは、2016年に「東洋製罐グループの経営思想」を制定しました。
この経営思想をグループの共通指標として総合力を発揮し、次の100年を目指します。

東洋製罐グループの経営思想

東洋製罐グループの経営思想 経営理念 常に新しい価値を創造し、持続可能な社會の実現を希求して、人類の幸福に貢獻します。 <信條>品格を重んじ、あらゆる事に日々公明正大に努めます。一人ひとりの力を最大限に発揮し、自己の成長と共に社會の繁栄に努めます。 <ビジョン>世界中の人に必要とされる斬新で革新的な技術と商品を提供するグループを目指します。

東洋製罐の根本方針

1933年(昭和8年)、創業者高碕達之助は『東洋製罐の使命』という小冊子の中で、創業の理念を根本方針として明文化し、株主、従業員、業界関係者に配布しました。以來、東洋製罐グループは、この根本方針のもとに使命を果たしてまいりました。
東洋製罐グループのCSRの原點がここにあります。

  1. 一、我社の目的は人類を幸福ならしむる結果を齎(もたら)す所になければならぬ。
  2. 二、事業は営利が目的でなく利益は結果であり目的でない。
  3. 三、自己の受持により各自が奉仕の精神を盡し此の精神を団體的に発揮する事に努め、自己の繁栄をねがうと同様に関係業者の繁栄に努力しなければならぬ。

東洋製罐グループCSR基本方針

東洋製罐グループのCSRとは、「誠実で公正な事業活動を通して、人類の幸福繁栄に貢獻しつづけること」です。
東洋製罐グループで働く一人ひとりが、CSR精神を理解し、全てのステークホルダーに対応します。

  • 枠内の図は左右にスクロールできます
全てのステークホルダー 全ての人の基本的人権と多様性を尊重し、誠実に対話し、行動します。

グループCSR推進體制

東洋製罐グループのCSR経営を推進するために、グループCSR推進委員會を設置しています。
同委員會は、東洋製罐グループホールディングス會長を委員長とし、同社の役員および各主力統括會社、統括會社社長を委員として構成します。

  • 枠内の図は左右にスクロールできます
東洋製罐グループホールディングス

當ウェブサイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しております。當ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーの使用にご同意ください。
なお、このまま當ウェブサイトをご覧いただいた場合、クッキーの使用にご同意いただいたものとさせていただきます。
詳細はこちら

同意する